COMING SOON… stpVx 

これが近々発売されるミキサーです。ディスクリートで音質重視のプロADJ用設計です。4CHクロスフェーダーを搭載し目視できるようにメーターが付いています。詳しいスペックは来週にはSTPVESTAXのホームページに掲載されます。どうかよろしく御願いいたします。

現在ワーキングサンプルが完成寸前です。

 

次は秋頃に発売予定の進化したアイソレーターとプロシュウマー用パワーアンプ。すでに設計は終わっております。

 

DJ PACOの再開

  • DJ PACOの再開にあたって

私が1977年11月(昭和52年11月8日)に創設したVESTAXが、2014年12月、倒産したというニュースが走りました。一体、何が起きていたのか真実は誰も知りません。
私は創業者として皆様に報告すべき義務があります。

2002年当時、VESTAXグループの全体の経営は極めて順調であり、無借金企業として上場を約束していました。2002年4月、私は、VESTAXの経営から身を退き、若い40歳以下の世代に会社の経営を委ねました。

この時点で私は、マネーゲームが人間の物つくりの根幹である創造性を失わせ、マネーゲームに関わる人間の極めて下品な行動に幻滅を覚えていました。やがて上澄みの技術や浅い思考の価格重視の何も作り出せない時代が、やがて到来すると感じていました。

私は、
『ものつくりはつくる側の果てしない情熱と思い入れを基本に、使う側のアグレッシブかつプログレッシブな思いや意見を聞き入れて、つくる側が汗水垂らし、コツコツと試行錯誤しながら努力する事である』

このようなモットーを掲げ、ものつくりに励んできましたが、全世界的に物には興味がなくなり、人にさえも興味のない時代になってきたことから、VESTAXの従業員に、このような考えを伝えることは難しくなってきました。

つまり実業である製造業にマネーゲーム的なものつくりが流行りだしたのです。

私が会社を離れて3年も経たないうちに、製造会社の枠組みが崩れ始め、優秀な人材がどんどん会社を去っていきました。
そして5年も経つと、経営者のスキャンダルもあって、すっかり会社の体質も変わってしまったのです。私には『時代が変わる』経済至上主義で人間の尊厳は無くなる。そんな感がありました。

東芝、シャープ、松下、ヤマハ、を始め専門分野で世界的な活躍をしていた日本の会社があっという間にものつくりの姿勢に変化をきたし、方向性を見失う事態になりました。
驚いたことにソニーも同様の状態になってしまいました。
残念なことにソニーの創業者井深大氏の設立の書に書かれた内容は誰もが理解できない時代になったといえます。
今この傾向が世界的に浸透してVWの如くまともに物を作る会社はほとんど消えてしまったように思えます。

時流に迎合した商品と使い捨ての低価格商品が氾濫した一方で、
馬鹿高い品物にごく少数の人が群がるのが当たり前になりました。従ってVESTAXだけが特別だったのではなく、この15年くらいの間に製造業社のアイデンティティーが全く変わったとも言えます。

VESTAXでは何年も前から『物が作れない』『物を売り込めない』という状態が継続し、最後はほとんどの人が会社を離れ、いなくなってしまいました。
会社が停止後、調べてみると製品の品質が2002年に比べて、はるかに劣り最終的には完成していないものまでマーケットに投入する羽目になっていたようです。

私はVESTAXの創業者として、今までベスタクスを愛し心温まる思入れをして頂きましたDJの方々やDJ文化の発展やその販売にご尽力をくださった方々には異様な結末となったことを心からお詫びいたします。
私の会社ではありましたが、私は、若い世代に経営を委ねたことから、この13年間、経営に深入りしてきませんでした。
世界の誰もが日本の会社だとは思っていないほど斬新さと高いセンスを持ったVESTAXも、前述の製造会社同様に完全に方向を見失ったのだと思います。

私は、私たちが中心となり世界に羽ばたいたDJ文化とマーケットに、何か少しでも心からのメッセージを送れないか、2002年までのベスタクスのような新たなる大量生産ではない機器を作れないか真剣に検討しました。その結果、2002年以前の製品の開発製造に携わった人たちの協力を得て、最初の製品を今年2016年3月より、発売させて頂くことにいたしました。
この最初の製品は、数量も月産数十台という規模で、本当にそのような製品を求めていらっしゃる方々にダイレクト販売をしたいと思っています。

商業イズムを目的としない、後々まで残るものが必要だということを世界のVESTAXファンよりこの1年間大きな暖かい声援として頂きました事にお応えするためにSTP/VESTAXというブランドで、まずベスタクスのメイン機器でありましたミキサーから提案させていただきます。
このミキサーは全てディスクリートの設計をしてあり音質を最重視した人間的な知恵を盛沢山投入しております。
是非ご期待下さいますようお願い申し上げます。

2016年は新しい発想のパワーアンプ、シグナルデバイス、ターンテーブル、SPシステム、プリアンプなどの音響製品を順次発表させていただきます。
私たちはどんなに世界が変わろうと、必ず音楽好きのフリークは存在すると考えます。

なお現在VESTAXのブランドで出回っています機器は全くまがい品であり、なんの補償もありませんのでご注意ください。

どうかご理解とご支援を重ねて申し上げる次第です。

ベスタクス創業者 椎野秀聰

STP/VESTAXのWebサイトは1月下旬頃にスタートします。http://stpvestax.com/

DJ PACO Re-Start.

VESTAX, a company I established on November 8, 1977, had been listed as bankrupt in December 2014. No one knew the truth as to how on earth this had happened. But as its Founder, I now have the duty and obligation to report it to all.

The VESTAX Group was running very smoothly up to 2002 – a profitable and debt-free enterprise. I decided to retire and leave the management and operations of the company and its products to a younger, “Under 40yo” generation in April of that year. What drove me to move on was that I had become disillusioned by the vulgarity of the “money game”, and how it was depriving the human spirit of manufacturing-creativity. I felt the shallowness, and an emphasis on price over innovative technologies.

“Manufacturing requires boundless passion, and a person must be driven, and aggressively and progressively create and produce – by inspiration and perspiration, while learning by trial and error.”

This is the motto I have aspired to in manufacturing. I had been working hard to convey such thinking to my employees to focus on ideas not products, and that it was become an era of no interest in people. It was difficult. In other words, a “money game” type manufacturing industry began to be the popular business form.

Some three years after I left the company, talented people started to leave one after the other, and the manufacturing company began to collapse. After five years, the constitution of the company had completely changed, with scandals involving its proprietor, and interest in the company began to vanish. “The times they are a-changing” – economic primacy eliminated human dignity. Such was my feeling. Toshiba, Sharp, Yamaha – Japanese companies once known for their specialized fields – also changed to fit this global attitude, and lost sight in their direction. Surprisingly, Sony also followed this pattern. It is unfortunate that the no one understands the mission statement written at the establishment of Sony by its Founder Mr Ibuka.

It is a style that permeates the world, and companies that manufacture their own line seem to be disappearing. The trend now is low-end disposable products have flooded the market and on the other hand small groups crowd around ridiculously expensive goods. Therefore over these last 15 years, I can see that the identity of this industry has completely changed, though this has no relationship with the damage to my own company.

For some years the management position was “We can’t make something from scratch” as “new products can’t be sold”. As a result, most people left the company and disappeared. Upon the company closing, a check was made on product-quality, and was found to be quite inferior when compared with the 2002 output. The company closure is still being deliberated at the Tokyo District Court, and is not yet concluded.

And I sincerely apologize to the many DJ’s who have endorsed and still love VESTAX, as well as to those who gave great efforts to develop and sell our products in the DJ world for this strange ending. Away from the company for 13 years, I entrusted the management, but they did not perform for you as I hoped. Everyone regarded VESTAX as a company with strong sense and that as a Japanese company it would not fall to novelty. I think it lost sight of its core manufacturing purpose and direction, as I have described above.

I would like to send this heartfelt message to everyone, to spread to the DJ World that I seriously considered restarting the VESTAX of 2002, but large-scale mass production of new units is not possible. However, I have decided to release and sell the first of a range of products from March 2016, as I have sourced the production talent of 2002 levels. I plan to produce limited quantities (10~20 per month) for direct sale to end-users.

While my purpose is not commercial-level output, I will release a Mixer rebranded as STP/VESTAX with our VESTAX image, in order to support and keep our global VESTAX fans, and I hope it will receive strong, warm encouragement. There is significant experienced thought behind the development and production of this mixer, as top-quality sound has been the priority behind its development. It is also matched with a distinct yet subtle design. In 2016 we will sequentially announce a range of new acoustic products such as a power amplifier, signal devices, turntable, SP system, and pre-amplifiers. We think that no matter how the music world is changing, there will always be real die-hard music lovers.

Hoping for your understanding and future support,

Vestax Corporation Founder: Hidesato Shiino

coming soon. http://stpvestax.com/

DJ PACOが復活いたします!!

DJ PACOがクローズしてからもう随分と長い年月が過ぎましたが、皆様の熱いご要望にお応えして、
今秋10月1日にWeb上にて「DJ PACO」を新たにスタートする運びとなりました。
皆様のニーズにお応えし、斬新で個性あふれる高品質な製品をご紹介させていただきたいと思っております。
「Guitar salon PACO」同様、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。