今回の文は長いので、かったるくなったら読まないほうがいいと思う。

自分が現場を離れている間に音楽がどう変わっているかと、20年ぶりにまたライブやクラブへ出向いてみた。これだけ世の中が変わってしまったのだから音楽の現場も大きく変わっているに違いなかった。

案の定、ライブでは昔のようにクリエイティブな音楽家はほとんどいなくなっていて聞いているお客も昔とは全く様子が違っていた。
1980年代頃から売れる音楽をミュージシャンが求め出し、その後、音楽を受け取る側が売れているものに捕まってしまう現象が生じた。それが理由かも知れなかったが私のなかで楽器やミュージックエレクトロニクスへの創造意欲が消失し始め新しい力のDJへと舵を切ったが、この世界でも同じことがこの15年ぐらいの間に起こっているようで、DJも創成期のクリエイティブな感じではなくなっていた。

私の友人でアメリカのジャズプロデューサーであるジャック・クライスバーグが『アメリカのジャズは死滅した』と言ったのははるか前のことであったし、土屋昌巳君が長いイギリスでの生活から帰ってきた15年ぐらい前に『椎野さん、イギリスにはもう音楽に対する品位は無くなった』と寂しそうに言っていたのが昨日のことのように蘇った。
私はこの15年間そのようなことがなぜ起きるのだろうかという疑問を解くためにひたすら哲学者、経済学者、事業家、法律家、各方面の一流といわれる研究家を訪ね、その探求に没頭してきた。幸いにもその答えらしきものを見つけているが、それをここで書くにはあまりにも膨大な字数が必要で無理だと思う。

なんでこんなことを書くかというと、3年前に大病をしてこの世とおさらばかと思っていたが無理やたらと人の生命を伸ばす医学の進歩の恩恵にあずかりまだ生きている。
一度そのようなことがあると今できることはないかと考えるようになり、ごく最近またものつくりに意欲が戻ってきたのだ。
使う人の身になったものつくりが私の信条であったし、作った楽器や機器によって創造性のあるミュージシャンやDJがより新しい音楽を発展させていくのが何より楽しかった。
しかし、私の元にいた社員も含め、ものつくりをする世界中のみんなが価格重視、量産効率効果、の管理主義の旗のもとで大切にしていたものほとんどを失ってしまったようだ。
そんな中で今の私なんかに何ができようか。
大きなことができるわけでもなく、アメリカのトランプのような妄想と虚構の中でものは作れないからコツコツと原点に戻ってやってみようと仲間を募ってものつくりを始めたわけだ。
とりわけDJはミックスされた音楽が始まりだからまずミキサーからやってみようと考えた。リミックスの楽しさが原点だ。
何十年も人間が作り上げてきた音の文化がデジタル化によって変わった。変わっていく中で失ってしまったものを取戻し、そこに帰依したものが心の時代の人間回復のきっかけになればと思っている。

いざ始めてみると環境は絶句するがごとく難しく、よくできていた部品や人の知恵が詰まったものつくりに必要な素材が失せているのだ。
でもやってみよう。今回は会社の壁を取り払って外部の人にも参加してもらい連合する組織にしようと思っている。一緒になって熱く考えた一つのものを作りたいからだ。興味がある人は誰でも参加してくれるとありがたい。実際最近たくさんの協力者が意思を表明してくれている。連絡先はここだ。  stpvestax com

『何がなくても心はハッピーだ』なんて時代もかってあったのだから。
まだまだ本物作りの先は長い。

Stp vestax LLPからのメッセージです

 Stp vestax LLPからのメッセージです。

『1980年ころから物づくりに於けるデジタル化、大量生産化、コストダウン化等で失ってしまった個性ある音響機器のサウンドとヒューマンタッチの物づくりのあり方に焦点を当てもう一度原点に戻って見直す必要性を感じました。』

かつて音響機器のメーカーが試行錯誤しながら人の体感に訴える独特なサウンド作りを何十年もかけてやってきましたが、現在は機器の製造方法が集積回路や効率化によりワンチップ化してしまいました。かって1970年代にディストーションサウンド化した電気楽器の音のように、薬物的な音は一時的には大いに若者に受けましたが、ひと段落したら落ち着いて、また原点に戻りました。現在は圧縮した著しく貧音化のために、より刺激的な均一化されたサウンドが若者を中心に広がっていますが、今再び音の原点に戻り、そこから進化した次の時代の音を模索してみるのもいい事だと思います。
私たちは1978年頃から、機器を通してDJサウンドを製作してきましたが、ここ10年ぐらいの間の巷の行き過ぎたデジタル化で、心に豊かさを与えるサウンド作りより、利便性や価格重視の方向で様々な機器が作られる方向に向かいました。そこで私たちはもう一度原点に戻りサウンド機器を手がけ、その後新たなる進化を見据えた21世紀型の機器に発展させられないかを、stp Vxファンの皆様と共に考えたいと思いました。使う人の立場で企画設計され、人の体に馴染む、安直な考え方や使い捨てなものではなく、堅牢度感の高い機器の必要性がHOUOUの根幹です。我々はこの機器を出発点として、ネクストワンを皆さんと一緒に作っていきたいと願っています。

世界中のDJの方々、エンジニアの方々、デザイナーの方々、プロダクツ企画の方々などが連合し、従来のような会社の枠を取り払ってみんなで楽しくコミュニケートしながら一緒になって進化した機器を作りませんか。

あなたの思考が未来の機器を変えるのです。

ついに出来上がりました ーその2ー

15年ぶりに登場!最高のクラブサウンドを作るプロフェッショナルDJミキサー
鳳凰
HOUOH

DJミキサーのテクノロジーを総括し、そして、かつてないソウルフルでインプレッシブなハイファイサウンドを追究。

豊富な経験を活かした丁寧な設計と、マイスターによる高い製造技術によって実現したこのDJミキサーを使うことで、あなたは、音楽を大切に聴かせることの喜びを感じることができるでしょう。それは、真の音と音楽性を追求したファンの為にもう一度原点に戻って考えました。

・DJミキサー史のあらゆるノウハウを集結させ、オリジナルのトライダルトランスや選別されたパーツの使用、ディスクリートサーキットの採用により、デジタルでは再現することが出来ない、まるで生命を感じるようなアナログサウンドを実現。DJミキサーの本質を追究した一台です。

・更に高いサウンドクオリティーの追求に欠かせないシビアなレベルマッチングがし易いように、全チャンネルに業務用VUメーターを採用。

・DJミックスプレイに重要な各入力チャンネルの3バンドイコライザーは、ポイントと効き具合を十分に吟味し、また、ボックスタイプボリュームをインストールしたことで、かつてない超上質なイコライジングが可能。また削り出した手作りのつまみ類は人の手の細かな感覚に呼応します。

・各チャンネルの縦フェーダーを60mmピッチとし、カーブコントロール機能も充実。これにより、素早い音の抜き差しから、シビアな音量バランスを要するロングミックスプレイまで、幅広いスタイルに対応。

・クロスフェーダーは、非接触式フェーダーとカーブコントロールの最新技術を搭載し、縦フェーダーとの併用でのロングミックスプレイから、2チャンネルパフォーマンス専用ミキサーと同様のスクラッチプレイまで可能。

・マスター段には、切れの良い3バンドアイソレーターを搭載。 Hi – Midと、Mid – Lowの、各デバイディングポイントは、長年研究してきたシビアな2点の切り替え方式。 また、ここでもボックス型ボリュームがインストールされており、上質で積極的なアイソレーションプレイができます。

・アナログエンハンサーエフェクトを搭載し、音の輪郭を引き立たせる独特の仕上げ補正は、アナログサーキットならではの効果を得られます。

・卓越した製造技術とハイクオリティーコントロールの「純日本製」。

《仕様概略》
電源   +10%/−15% 外部電源方式
サイズ  縦410mm 横430mm 高さ123mm (突起部を除く)
重量   14Kg(電源部を含まず)
予定価格   800,000円(税別)

 

ついに出来上がりました。

究極の音を求めた本格的なプロ仕様DJミキサー「HOU-OU」の
第一号機が完成いたしました。
最終の細かい点を一つずつチェックし、最終化粧を身につけて近々発売いたします。量産工場では絶対にできないハンドクラフトのプロオーディオスペック、現場で活躍するDJのための重量感ある確かな作りとサウンド、メイドインジャパンの誇りをかけて制作しました。スペックは従来のDJミキサーを大きくしのいでいます。詳細スペック及び価格は近日発表します。ロータリーフェダーバージョンも追加発表しました。

今後も使用される皆さんの御意見を反映し究極の完成を目指していきます。

ご来場ありがとうございました。

4月16日の「江藤勲 追悼昭和歌謡ライブ&トーク」には100人を超すファンの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。いただきましたお心付は、一周忌に際し墓前にお供えくださるように江藤さんのご家族にお渡しいたしました。
江藤さんのご家族からは皆様への感謝の言葉をいただいています。

今回は萩谷清さん率いる、スーパーレジェンドのスタジオミュージシャンによる豪華な演奏で、大成功のうちに無事終了いたしました。
江藤さんがベースを弾いてレコーディングした、昭和歌謡の名曲19曲を選び、江藤さんを偲びつつも、みんなで大いに楽しんだライブでした。

日本の音楽シーンもいつまでもこういった方々が楽しく演奏されることが、真の音楽文化の向上につながるような気がします。
頑張れレジェンド!

プリンスさんに感謝を申し上げます。

4月21日に突然入ってきたプリンスの訃報は、大変ショックキングでした。

報道されている数々の画像でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、プリンスが主として愛用していたギターは私が1970年代に製作したもので、「HS ANDERSON」の「MAD CATS」です。本人が気に入って複数ご購入されたようです。

長年愛用していただき感謝を表するとともに、ご冥福をお祈りいたします。

このギターはプリンスにすごく似合っていてオーダーメイドのように見えますが、石川鷹彦さんが私の家に遊びに来ていた時にこんな感じがいいとフリーハンドで絵書いたのを覚えています。アメリカのナムショーに出展した時にHS.ANDERSONのギターを試奏したい人が常時列を作り並んで待っていたのを覚えています。このギターについて色々と書かれている方がいらっしゃいますが、誤解されていることもありますから本当の説明を近々に書いておきます。試作の一号機は現在私の家にあります。

ラテンパーカッショニスト Wilson Chembo と Louie Bauzo

Larry Harlow’s LATIN LEGENDS OF FANIAのパーカッションメンバーとして来日した二人のレジェンドWilson Chembo(コンガ)と Louie Bauzo(ボンゴ、パタ・ドム)Latin Americaの血そのものの演奏もすごかったが、ニューヨークを中心に演奏する彼らの評価は高い。音楽に真面目に取り組むその姿勢は最近のミュージシャンに少なくなったが探求心と乱れぬリズム感は是非若い人に見習っていただきたい。ブルーノート東京とコットンクラブでの楽しい演奏だった。

桜の満開時に来日したので日本の文化を勉強しようぜと早速花見に出かけた。日本の文化の教育プログラムなんだよと言って代官屋敷も見学、昼は穴子天丼セットを食した。『エディケーショ〜ン』なんて冗談を連発しながらの1日だった。

やっぱりラテン音楽は楽しい。

 

写真右:Wilson Chembo  左:Louie Bauzo

ESPの本物の トロッコ が手元に戻りました。

ESPの本物のトロッコが手元に戻りました。お持ちになっていた方はこれがブランドがついていないので偽物だと思っていたそうです。正真正銘の本物で最初に試作で作った2本のうちの1本です。もう一本は幾見さんが当時アメリカに持っていき、あるギタリストから自分が持っているギブソンのバートランドと交換してくれと懇願され、喜んでかえてしまったそうです。でもモノが違います。このようなギターはもう世界中の誰もつくれないと思います。理由は聞きに来てください。このギターは最初九州在住の方が飛行機に乗って渋谷へ買いに来ました。その当時60万円で販売されました。40年ほど前です。ピックアップ取り付け穴の座繰りがやや大きくみっともないので直しました。またどこかで修理を何箇所かしていましたがひどい修理であったため直しました。現在コンディションは最高です。私の生涯の最高の一本です。本当に好きな方にお譲りします。中に私が1976年に作り2016年に再会でき修理しましたと書き入れました。表面版と裏甲が刃物による削り出しのため素晴らしい澄んだ美しい音が再現されています。またセミソリッドのためにあえてセンター剥ぎにすることなく表面と裏面を中心で音造りをするように30ミリ単板3枚剥ぎにしてソリッド感を高めています。

 

化粧前の高級プロフェッショナル用ミキサー HOU-OU

高級プロフェッショナル用ミキサー HOU-OUがついに完成しました。只今エバリュレエーション中です。外観は未化粧ですがすでに発表してあるものと同じようになります。
かつて私たちが試行錯誤の上考え製造したDJ機器はプロもアマも共用できるような設計をしていました。最近は新たに根本的な設計しているミキサーはほとんどなく、従来のミキサーをモディフィケーションしたものばかりが創られています。そんな環境ではDJの方々がオリジナリティーを発揮するような音創りやパフォーマンスはできないと私達stpVxチームは考えています。
贅沢に全段ディスクリートで設計されたこの HOU-OU は余裕あるダイナミックレンジからズンズンと来るリズムを体感できる、かつてないサウンド重視のスペックを持っています。
さらに世界で初めての4channelのクロスフェーダーを備えています。
価格重視やの末音の劣化を進めてきた業界の考え方から離れ、もっと質の高い音楽性のある音創りをDJにしてもらうためコスト計算を除外し、つまみに至るまで質感のある微妙な操作性を追及しました。
さらにプロ仕様の外部電源となっています。
他にもプロDJの要望を取り入れた操作性、音源の多様性に対応したインプットなど細かい配慮のスペックを持っています。
価格は現在最終の計算中ですがプロの機器としては納得の価格になると思います。
4月下旬に予約を受け付け開始いたします。
5月製品発売開始!

High-End Professional Mixer – “Phoenix” – Pre-Production Model (Prior to Cosmetic Features) 

With the final testing completed, we are now in production phase. The appearance of the final model is as we have announced. Latest images on our site are without the final “cosmetics”. We have thought carefully about the DJ’s needs – both for the amateur and professional – in the production of this model.
There are very few mixers that have been released in the market recently that are designed from-the-ground-up. Most others are conventional models with successive tweaks and color variations. The stpVx team felt that DJ’s needed a product that can enhance their sound creation, giving them an edge and bringing out their performance-originality.
The highest level specifications have been applied in the design of the Phoenix, which will be evident to the user from the punching sound and dynamic range this mixer will deliver. In addition, the Phoenix will be the world’s first 4-channel cross fader.
I have deviated from the usual way of thinking in the industry with its cost-cutting and resulting performance-degradation, and have built a product that aims to deliver for the DJ both high-quality sound and professional operation without compromising on product-performance.  Even the power-supply exceeds the usual professional specifications.
We have carefully considered the requests and input from many professionals regarding the diversity of sound sources, and have integrated their thinking int our design specifications. The final sales price is being calculated, and we expect it to be within the usual range of high-quality professional equipment. Pre-orders will be accepted from mid-April, with product sales commencing in May 2016.