ハーモニカとギターの調べ

 

           4月 16日待望の共演を果たしたハーモニカ 崎元譲さんとギター 小川和隆さん

           2人がPACOのステージに立つのは初めてのことでしたが

           長年、交友関係のあった2人がステージ上で共演したのも

          この日が初めてのことだそうです。

          しかし、2人の演奏は息もぴったりでジーンと響いてくるものでした。

          崎元さんのハーモニカは穏やかに時に力強く会場を包み

          小川さんの10弦ギターは多くの音が重なり優しく響き

          会場はうっとりとした雰囲気になっていました。

          心がジワリとあたたかくなる様なライブでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                ご来場いただき誠にありがとうございました。

ご来場いただきありがとうございました。

3月26日(木)

照明が暗くなり彼女の歌声とギターが響き渡ると会場は一瞬にして

心を掴まれました。

世界中を渡り歩き日本には何度も訪れているRattlesnake Annie氏ですが

ここGuitar Salon PACOのステージに立つのは初めてだったそうです。

日本のミュージシャンとも交流のある彼女

今回のステージではDr.Kこと徳武弘文氏と共演

彼女の体や心の奥底まで伝わる歌声と優しいギター

それに寄り添うような徳武氏のギターが重なり合い会場はさらに心地のよい空間に

なっていきました。

お客様の表情も終始、穏やかで素敵な時間でした。

 

ご来場頂きましたお客様ありがとうございました。

昭和歌謡バンド〜さよなら公演〜

皆様に愛されてまいりました “ドン椎野” 率いる「噂の昭和歌謡バンド」も椎野の痴呆と寄る年波に足腰立たず、やむなく解散の憂き目になることになってしまいました。デイホームまでまだ多少の時間があるため江藤勲始め面々が楽しさいっぱいの音を皆様にお届けしたいと思っております。
つきましては、皆様に感謝の気持ちで心を込めて「さよなら公演」を催しますので是非ご来場くださいませ。
いつものメンバープラス、 佐々木了民(Cond)、虫鹿芳生(Ts)、坂田聡朗(Tp)、佐藤浩清(Kye)の新たな4人がジョイントし、なつかしのカレッジフォーク、歌謡曲からグループサウンズまでバラエティー豊かに、笑いあり、笑いあり、ズッコケ…… でおとどけいたします。ゲストは木村奈保子さんです。

日  時: 4月25日(土)16:30 OPEN 17:00 START
チャージ: ドリンク代 ¥500 (追加オーダー¥500)※おひねり大歓迎!!

4月1日オープン!

開店の準備がほぼ整いました。ご協力頂いた関係者の皆様誠にありがとうございました。4月1日午後3時よりオープニングパーティーを開催予定、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Humblebrag @78 Below – Wednesday, September 4


グレン・アレキサンダーからのメールです。彼は、当社の作るアンジェリコギター/アメリカのセールスマネージャーをつとめていました。

Come get yer soul on with us!
Wednesday, September 4, 2013
78 BELOW
380 Columbus Ave (Corner of 78th Street)
10PM No Cover!

Copyright © 2013 Humblebrag4tet.com, All rights reserved.

You have been added to our list due to your association with one (or many) of the nefarious characters in the band otherwise known as “Humblebrag.” If you’d like to ensure that your privacy is no longer violated, and to not be subject to the random ramblings relating to the adventures of Humblebrag, just click on the unsubscribe link below and you will be summarily relieved of the agony of reading our sporadic newsletter. Please accept our sincerest apologies for the intrusion, and we will not contact you again. Please be assured, should you remain a subscriber, your email address will never be shared with third parties, nor will we spam you with unnecessary junk, overwhelm your inbox with constant updates, or just plain annoy you.

Our mailing address is:

Humblebrag4tet.com
c/o John Isley & Glenn Alexander
682 Academy Street – Suite #52
New York, NY 10034

PACO1977が開発するプロフェッショナルモデル No.1

ドイツのギター製作家ハーマンハウザーとの共同開発のギター

 

2011年10月に椎野が旧交のあったミュンヘン郊外のハウザー家を数十年ぶりに訪ねました。ハウザー2世は既に亡くなっていましたが奥さんはお元気で現在のハウザー3世娘の4世と楽器談議や人生観について大いに話が進み、楽しい時間を過ごしました。

そこでハウザーから一緒にギターを作ってくれないかと依頼され、ギター2機種を作ることになりました。
ハウザーとの雑談の中で、最近新しいギターを作る人がいない。外形やファツション的なアレンジはあるが本質を追求したものが見当たらないし、価格中心のギターが多過ぎではないか。基本的なギターの設計で、ボディーが大きくないと音量が出ないというのはおかしいんじゃないかということで意見が一致して、ボディー厚の薄い、クラシックカッターウェイギターとカッターウェイの万能クラシカルアコースティックギターの2機種を製作することになりました。

 

左から

クラシックガット CG-1/モダンスティール MS-1   共に ¥780,000.-(税込み ケース付)

 

  

いざ作ってみると音量はフルサイズを凌ぐボリュームがあり、サウンドも実に品がいい。材料はドイツのハウザー家からハウザー3世が選定し、すべて供給してもらって日本で製作しました。ハウザー、椎野、平林、小林の4人でチームを作り、全く新しいギターを作るため試行錯誤を重ねてギターが完成しました。

もちろん作りはドイツ式を採用し、ヘッドセット、ボディのジョイントや、バスバーなどは、ハウザーの永年の設計思想を取り入れてサンプルの細かい所を修正し、2タイプともに完成いたしました。現在、年間にそれぞれ12本のペースで製作する事となっていて、年内にはあと4本製作いたします。また、アコースティックの音をエレクトリックで再現するための、全く新しいアクティブコンデンサーマイクと専用プリアンプ、電源アンプとを取り付ける事ができます。是非このサウンドを試してみてください。今迄の常識が覆されます。

 

開店間近その2

開店に向けて最後の追い込み中です。内装工事もほぼ終わり商品やAV機器、小物やパネルのディスプレイ等々最後の仕上げ、スタッフ一丸となって頑張ってます。お楽しみに!

アコースティック楽器用の原音再生PUとプリアンプ

 

新方式ピックアップ完成!

販売価格:未定

アコースティック楽器の音を圧電型のピックアップで拾うと、どうしても原音と異なった音になリまた楽器のタッチ音、打音が入り不快な音が出てしまいます。
PACO1977ではプロミュージシャンの要求に応える新しい方式のピックアップを開発しました。是はかなりいけます。

 

アクティブなコンデンサーマイクを2個使用して、音の拾う定域を考えてセッティングされています。また、マイクのケースの設計には今迄の経験を生かして、 特別な手が加えてあり金属も銀を使用した仕上げとなっています。特別オーダー、総銀製の物も用意されています。これらの高感度のマイクを組み入れ開発され たプリアンプで、細かな調整をする事ができます。プリアンプは足元での操作の他、マイクスタンドに取り付けて手元でも操作ができるようになっています。ま た、ラインで音取りするプレイヤーのための専用ダイレクトボックス(現在 PACO1977にてシステムの確認ができます。詳しくは PACO1977までお問い合わせください。)も作っております。

 

このシステムは、もちろん他のアコースティック楽器にも使用できます。ご相談等 遠慮なくお申し付け頂きたく存じます。

 

 

 

specification:

入力:1/8′ TRS JACK 入力インピーダンス 入力レベル:-30dB
出力:1/4′ MONOJACK & XLR 3Pin JACK 出力インピーダンス 出力レベル:-18dB
電源 DC9V専用アダプターもしくは 006P乾電池

ー操作パネルー
1. 入力 Gain Vol
2. マスターレベル Vol
3. LOW Cut Freq Vol
4. Notch Filter SW & Variable Freq Vol
5. 5 Band EQ 200-500-1.2KHz-2.5KHz-6KHz ±18dB可変

 

 

 

 

アーチトップのコンパクトフォークギター 6弦ギターAT-OANA6と4弦ギターAT-OANA4+1 ¥350,000.-(税込み/ケース付)

全く今迄の概念を変えて新しいアコースティックギターを作ろうと、試行錯誤を繰り返し製作されたこの二つのギターは、今年の8月から発売を開始いたしました。アーチトップのやや小型フォークギターで、上品なルックスとサウンドを持ち、一生手元に置いておきたいギターです。素材はオール単板のトップ・バック・サイドで作られていて、バランスの良い小粋なギターです。魂柱を使う斬新なサウンドメイキングをしています。

 

〜 アーチトップのフォークギター

★AT-OANA4+1(5弦)は、弦楽器のネイティブなアイリッシュの為に設計されたギターです。調弦はマンドリンのチューニングとなります。5弦はGまたはAと自分の好みに合わせて弦も替えられ、オープンチューニングを考えた調弦となります。4弦=G、3弦=D、2弦=A、1弦=Eとして、オープンでGメイジャーの調弦として自分の好みでチューニングをします。マンドリン同様にコードやメロディーが素早く演奏でき、加えて5弦のサウンドが軽やかにもヘビーにも使え、ギター本来のものにプラス マンドリン、バンジョーなどの奏法ができます。

 

★AT-OANA6(6弦)は、ややショートスケールの弦長となり、マイギターとしての要素を盛り込んだスペックとなっています。アーチトップのギターは、音の悪い成分を取り消し、澄んだ美しい音色となるのが特徴と言えます。最後の一本にふさわしい アーチトップのギターを貴方の人生のお伴にどうぞお考えください。

 

 

 

 

Specification:

Model: Double Arch AC (4st Acoustic)

Body: Shape:L-00型(カッタウェー)/Material Top:シトカスプルース単板/Material Back:インディアンローズ単板/Material Side:インディアンローズ単板/Bracing:X ブレーシング/Depth:80mm/Sound Holes:95φ/Binding Material:アイボロイド 象牙

Headstock: Headstock Shape:オリジナルヘッド/Angle:14°

Neck: Material:ホンジュラスマホガニー/Adjust:チャンネルロッド/Joint:13フレット ダブテイルジョイント

Finger Board: Material:エボニー(インディアンローズウッド)/Scale Length:625mm/Radius:400R/Frets:20フレット ミディアムフレット/Width:43mm ナット-54mm 12フレット(36mm ナット-48.3mm 5フレット 52mm エンド)

Parts: Machine Heads:Gotoh SE510M-06M/C(Gotoh SE510M-M5+SPBJ-5-AL/C)/Truss Rod Cover:エボニー+メイプル 2P/Nut Material:牛骨/Bridge:エボニーオリジナル形状/Saddle Material:牛骨/Strap Buttons:エボニー/Bridge Pin:エボニー

Finish: Finish:オールラッカーグロス/Colors(Top):ナチュラル/Colors(Side Back):ローズ/Colors(Head Top):エボニー/Colors(Neck):ブラウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20世紀の音と音楽を体験…"初めて聴いてもなぜか懐かしい…!!"

さてこれは一体…..?

1911〜1928 間にtotal shipment =569,394 中の一台がPaco1977に登場します。

Victrola Credenza…超弩級の蓄音機です。

他Paco展示中の Edison RollからSP盤、アナログテープ&レコード等、20世紀の音源体験会を来たる6月15日(土)に開催いたします。

デジタルオーディオの最新な機器による21世紀サウンドの変遷についても比較検討いたします。

開場は13:30  スタート14:00…参加費は¥1000(飲み物付きです。

会員の皆様にはご自慢のソースもお持ち込みいただきご視聴いただくことも出来ます。この会も完全予約制にて事前のお申し込みが必要です、お電話でご予約ください。